公益社団法人

平成29年度(公社)日本助産師会南北関東地区研修会のご案内

HOME > 平成29年度(公社)日本助産師会南北関東地区研修会のご案内

 

ご挨拶

Workshop in NIIGATA 助産師活動の創生と実践―力量形成のための研修会

 平成29923日(土)24日(日) の両日、日本海の夕日が美しい新潟の地で平成29年度(公社)日本助産師会南北関東地区研修会を開催します。今回の研修会では、時代の変化と社会の要請に応えるべく、助産師の実践力の強化と他職種・多機関連携を主眼に置き“We can make a difference”を目指しています。“Make a difference”とは、「何かの行動を起こす前と後を比べて、明らかに今までと違った新たな価値と変化を作り出すこと」とネットにありました。助産師だけでなく母子の支援に関わる他職種・多機関の皆様にも参加を呼びかけ、“Make a difference”を新潟から発信したいと思います。
「うまさぎっしり新潟」から多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

平成293
公益社団法人にいがた県助産師会
会長 佐山 光子

広告掲載・企業展示・寄付のお願い

 各位時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
このたび、新潟県助産師会は「日本助産師会南北関東地区研修会」を開催いたします。この研修会は、日本海側近隣県のほか、南関東(東京、神奈川、千葉、長野、山梨、静岡)及び北関東(新潟、群馬、栃木、茨城、埼玉)の110県で構成されております。
 助産師は、妊娠・出産・産褥、赤ちゃんのケア、子育て支援など、性と生殖に関わる健康問題を中心にケアや保健指導を行う専門家です。いま、社会では若年妊娠や虐待、子どもの自殺、女性に対する暴力など、母子や女性をめぐる健康問題が深刻化しています。医療の場においても、不妊や晩産化、未熟児出生等に関して高度医療や救急救命の医療対応が重要性を増しています。
 この研修会では、医療及び社会の要請に応えるべく、母子の支援に関わる他職種、多機関のみなさまにも参加を呼びかけ、「助産師活動の創生と実践-力量形成のための研修会」を新潟から発信いたします。
 ついては、趣旨をご賛同の上、研修会集録やニュースレター等の広告媒体への広告掲載、研修会場内の企業展示、ご寄付への賛助を賜りたくお願い申し上げます。ホームページ上に賛助のお名前、社名等を掲載いたします。

平成293
公益社団法人にいがた県助産師会
会長 佐山 光子

(公社)日本助産師会南北関東地区研修会 助産師活動の創生と実践―力量形成のための研修会
 開催日平成29923日(土)24日(日) 会場:新潟青陵大学6号館

広告データ:
PDF、ワード、エクセル、イラストレーター、JPEGであれば掲載可能。 モノクロ1色での掲載です。
掲載サイズは紙面により若干修正する場合があります。

お問い合わせ

(公益社団法人)新潟県助産師会(事務所)
TEL:025-267-9772 FAX:025-265-1345
951-8133 新潟市中央区川岸町2-11 看護研修センター2
Mail;n-jyosanshi.jm@niigata-kango.com
WEB
サイトhttp://www.niigata-josanshi.net

広告掲載要項

  • 南北関東地区研修会集録A4・小冊子
    発行部数300
    掲載位置巻末の広告ページ(最大:全面)
  • 新潟県助産師会ニュースレター
    4P二つ折りA3発行数1,000
    掲載位置4ページ目の最下段(最大:※横3枠)
    (6月・9月・11月 年3回発行)
  • ホームページ上に掲載
  • 広告料金(モノクロ印刷)
    • 全面(W170mm×H257mm)20,000
    • 1/2(W170mm×H128mm) 10,000
    • 2枠(W170mm×H 64mm) 5,000
    • 1枠(W 56mm×H 64mm) 3,500円※

企業展示要項

1ブース:長机1(70cm×140cm)イス2

  • 1ブース30,000
  • 2ブース80,000円(最大:2ブース)

賛助金及びご寄付

個人15,000 企業110,000

  • 了解を得てホームページ上に掲載します。
  • ニュースレターや会の活動等をお知らせします。
  • 寄付金には所得税や法人税控除があります。

広告掲載、展示、賛助金、寄付の振込先

ゆうちょ銀行→ ゆうちょ銀行
【記号】11230 【番号】26439471


他金融機関→ ゆうちょ銀行【店番】128
普通預金【口座番号】2643947

※ 恐れ入りますが振込手数料はご負担お願いします。

各種案内・用紙ダウンロード