公益社団法人

お知らせ・最新情報

HOME > お知らせ・最新情報


2019/8/25

新潟県助産師会のみなさまへ〜「第11回母乳育児支援を学ぶ新潟教室in新潟」〜再度のご案内

9月8日に開催の「第11回母乳育児支援を学ぶ新潟教室in新潟」研修会が真近かになりました。今回の研修は新生児医療のエキスパートの新生児科医を招いての講演をはじめ、参加者相互交流と学びあいを深めながらNICUでケアされた赤ちゃんや小さく生まれた赤ちゃんの成長発達を見守り、より個別的な栄養方法を支援するための学習会となっています。
この研修は新潟県助産師会「産後ケア実務助産師」の認定研修です。詳しくはチラシをご覧ください。千円割引となる申し込みは9月1日までです!申し込みをお急ぎください。

UP

2019/8/16

9月の研修会のご案内 9月8日(日)第11回「母乳育児支援を学ぶ新潟教室」、9月15日(日)「性的マイノリティの健康〜当事者に寄り添い支援するために〜」研修会

○申込方法と問合せなど詳細はそれぞれ研修会のチラシをご覧ください。
○「性的マイノリティの健康」研修会のチラシが新しくなっています。ぜひご覧ください。なお申込み用紙は7/11の掲載記事にあります。ダウンロードしてお使いください。

UP

2019/8/16

8月の「田上町〜子育て応援!!助産師ねうぼら」、「新潟市〜助産師による妊活なんでも相談」は24日です。

○新潟県助産師会は田上町で毎月1回、妊娠から子育てへの切れ目ない支援を行うため「助産師ねうぼら」を行っています。町民のみなさまだけでなくどなたでも気軽に立ち寄ってみませんか。詳しくはチラシをご覧ください。
○助産師による「妊活〜なんでも相談」は毎月、第4土曜日13:00〜16:00.お一人1時間で予約制です。場所は万代市民会館3階、アルザにいがたの研修室です。研修室入り口に案内があります。私たち助産師は性と生殖に関わる専門家です。不妊や不妊治療で悩む女性やカップルに寄り添い、自分らしさを大切にした支援をいたします。予約方法はチラシをご覧ください。また、詳しくはお気軽に助産師会事務所にお問合せください!

UP

2019/8/10

新潟県助産師会「産後ケア実務助産師」の認定申請について(今年度の申請要項を変更しました)

今年度の申請について、申請期限を10月末までに延長し、申請費用は5000円に変更しました。会員のみなさま、ぜひ申請をお願いします。産後うつの予防、早期発見、他機関連携だけでなく、今の時代、病院退院後の3〜4か月まで助産師の専門的な産後ケアが母親には必要です!
申請に必要な書類はエクセルファイルのシートにあります。
 a.申請提出用紙(見本)b申請提出用紙@(県助産師会研修分)
 c.他研修受講一覧(見本)d.他研修受講一覧A(b以外の研修分)
ダウンロードしてお使いください。
 

UP

2019/7/31

2019年8月25日(日)新潟青陵大学で「第2回 新・ゼロからはじめる助産師超音波セミナー」を行います。

プログラムをご覧ください。
第2回はー胎児の見方(診方)を理解する ドプラ法も使ってみよう!がテーマ。
全4回シリーズで構成されています。遠隔配信による研修会のため県内で学べます。1日参加は、会員8千円/非会員1万円/学生3千円、半日参加は会員6千円/非会員8千円/学生3千円。学生の方もぜひお申込みください。申し込みは下記のサイトへ
https:// supportoffice.jp/ midwife/ echo/

UP

2019/8/16

周産期メンタルヘルス〜産後うつの予防・早期発見・支援のための研修会の資料を削除しました。

7月11日に新潟大学医学部保健学科で開催した緊急研修会にご参加のみなさま、講演のプレゼン資料の掲載が終了しました。ありがとうございました。

UP

2019/7/15

お待たせしました!!! 新潟県助産師会ニュースレター第10号を発行しました♪

令和初のニュースレターです。みなさま大変お待たせしました。6月に発行予定でしたが諸般の事情で7月にずれ込んでしまいました。次号はスムーズに発行いたします。さて第10号は5月の総会の様子や今年度の取組みを紹介しています。ぜひご一読ください。
本会会員に限らず、皆様の声やニュースレターのご意見、ご助言をお寄せください。
またニュースレターの充実や本会の公益活動のためにご支援、ご寄付もヨロシクお願いいたします!

UP

2019/7/11

9月8日(日)10:00〜15:40 第11回「母乳育児支援を学ぶ新潟教室」のご案内

タイトル「人気講師による参加型講義〜明日からの支援に役立つ根拠とスキルを学ぼう」 講師は新生児科医・IBCLC 奥起久子先生、小嶋絹子先生。会場は新潟医療人育成センター2Fセミナー室です。
参加費・継続教育単位及びお申込み・お問合せはチラシをご覧ください。

UP

2019/7/11

9月15日(日)13:00〜15:00 新潟県助産師会「いのちの教育」研修会のご案内

テーマは「性的マイノリティの健康〜当事者に寄り添い支援するために〜」です。講師は精神科医の森井智美先生。会場は新潟テルサ2階会議室です。
性同一性障害を中心に、ガイドライン、保健適用、関連する法制度、発達障害と性別違和感などについて、「ジェンダー外来」の紹介と支援対応について学びます。
会員ほか、病院関係者、男女平等推進センター等での相談担当者や学校関係者、養護教諭のみなさまもぜひご参加ください。

UP

2019/7/11

新潟市助産師会から10月20日(日)「いいお産の日イベント」のご案内

テーマは「産前・産後のイライラ・ウルウル」です。講師は児童精神科医の稲月まどか先生。妊産婦さんはじめご家族、医療関係者、学生のみなさま、ぜひご参加ください。会場は江南区福祉センターきらとぴあ多目的ルーム2階。10:00〜11:30。
詳しくはチラシをご覧ください。

UP

2019/7/2

県の補助事業「地域の子育て力育成事業」の申請3件が選定されました。

補助事業の2件は継続事業の「田上町ねうぼら」と「助産師による妊活なんでも相談」、新規事業は「企業と地域の双方向型子育て力サポート」です。この事業は助産師が企業に出向き管理職や社員向けに助産師セミナーを開催したり、助産師なんでも相談の実施、社員本人かパートナーが妊娠中の場合に自宅を訪問し指導や相談を行う、という企画です。これからは女性の健康と仕事、妊娠出産と仕事など、企業に助産師の出番ありとみています。

UP

2019/7/1

阿賀野市「助産師なんでも相談」と「産後ケア」の委託を受けて助産師を派遣しています。

県のモデル事業「助産師ねうぼら」終了後、今年度からあがの子育て支援センター「にこにこ」で「にこにこなんでも相談」と「にこにこケア(産後デイケア)」の業務委託を受け、助産師を派遣しています。子育て支援センターの閉館日に開催されている産後デイケアは場の活用としてもグッドな取組みです。

UP

←前の頁 次の頁→